手持ちのモバイルバッテリーで簡単にメリットしかないエフェクターボードに

エフェクターの電源はどうしていますか?

アダプタ?それとも乾電池?

賛美両論あると思いますが、最近はバッテリーの普及により、その論争に決着がつくのではないかと個人的に思っております。

その答えがモバイルバッテリーによる駆動です。モバイルバッテリーでの駆動が今回のテーマ。メリットが多く、筆者(@RimoGT)が最もおすすめする駆動方法です。

スマホを始めとする電子機器には当たり前になったモバイルバッテリーですが、残念ながらギター業界においてはまだそこまで浸透していないですよね。

というのも、エフェクターは

電圧が9V電源だということ(スマホの充電は2Vから5V)

プラスマイナスが一般的な電子機器と反対だということ

以上2点の理由から、モバイルバッテリーをそのまま使うことができず、商品開発に二の足を踏んでいたのではないかと思います。

しかし、最近になって徐々にメーカーから関連製品が出始めました。いよいよ時代が動き始めた感じです。

現段階において、早くも正解が出たんじゃないかと思っていますのでその方法を紹介いたします。

電源別メリットとデメリット

まず、各電源によるメリットとデメリットを整理しましょう。

アダプタによる電源供給

メリットは、電流の安定供給です。残量を気にする必要がありません

デメリットは外部からくるノイズの問題、そしてアダプタが運搬時に重たい。配線ゴチャゴチャしていて見た目もあまりよろしくないですね。

電池による電源供給

メリットは、ノイズに強いこと、回路が外部からの影響を受けないからです。

デメリットは残量の管理が大変、万が一ライブの途中で電池が切れたら最悪です。そして交換のたびにお金がかかること。

一方、今回おすすめするモバイルバッテリーはどうでしょうか。

モバイルバッテリーによる電源供給

メリットは、電池なのでローノイズであること。そしてアダプタがなく配線スッキリ、アダプタがないので軽量省スペース。ギグバッグも軽くなりますね。また、スタジオでベーシストとタップを取り合う必要がありません。

そして残量管理が楽。モバイルバッテリーには当たり前のように残量表示が付いていますから、減ったら充電すればいいだけです。

そして長持ち。繰り返し使えます

というわけで、モバイルバッテリー駆動最強!となるわけです。

電圧とプラスマイナスが違うという問題を見事クリアした製品

そして最近、ニーズに応えるべく、メーカーから対応製品が最近ようやく出てくれました。ギター用のモバイルバッテリー!

た、高い…。

ノイズに強いアイソレーティッド出力のパワーサプライが付いているのはありがたいけど、バッテリーは家にあるし。何ならパワーサプライも持ってる。

バッテリーっていずれ劣化して満充電できなくなるしなぁ。もう少し考えたら、なんかうまいこと安くできそうだけど。

と思っていたらいい商品がありました。

ポチ。1500円以下なので迷うことなく。電圧変換とプラスマイナスの反転をするケーブル。これをつなげば、外部電源なしの「モバイルペダルボード」の完成です。

すでにパワーサプライとモバイルバッテリーがある人は、これが一番いい選択肢です。

メーカーサイトには「緊急用に」って書いてありますが、メインで十分使用可能です。最近のモバイルバッテリーの容量は大きいので全然減りません。

ノイズについてですが、パワーサプライなしで、いきなり分岐させてもノイズの発生はありませんでした。

今回これで分岐させてます。

ちなみに筆者は5個直列のボードで、リバーブのみデジタルです。

もう一個ボードがあって、そっちはデジタル2つなのでパワーサプライをどうしようかと思っていました。

参考:ギター機材オタクがMS50Gを最強マルチエフェクターである理由をまとめる

なので「パワーサプライ付き」も試しにポチってしまいました。

気をつけないといけないのはこの商品は容量が1000mAまでということです。

筆者のボードは6つ合計すると1000mAをちょっとだけ超えるエフェクターを繋いでますが、動くことは動きます。自己責任でお願いします。

使用中に青いLEDが眩しすぎるのが難点ですが、デジタルエフェクター2つ繋いでいてもノイズの発生は特にありません。

ワンコントロール最高。大好き。

まとめ

お疲れさまでした。

バッテリー駆動エフェクターボードには多くのメリットがあることがご理解いただけたでしょうか。

家にモバイルバッテリーは絶対あるでしょうから、それを活かさない手はないと思います。

低価格で簡単にできるので、試されてみてはいかがでしょうか。もちろん、Vital Audioのバッテリーも、ノイズを極限まで減らしたい人やもっと容量の多いボードを組む方にはおすすめです。

それでは、Love Guitar!

コメント

タイトルとURLをコピーしました