わかったようでわからない、ミクソリディアンを理解するためのフレーズ

こんにちは、ギターブロガーのRimo(@RimoGt)です。

こんな悩みはありませんか?

スケールを覚えたけど、どうやってフレーズに活かせばいいのかわからない

アドリブは、スケールを上下するのがやっとだ

メジャースケール、イオリアン、ミクソリディアン…どれも同じようなもん?くらいの理解度だ

音楽理論を学び始めると、「スケール」や「モード」という概念に出会います。

スケールもモードも「音階」である、と。

これがまた厄介でして、言っていることはシンプルなんだけど、わかったようなわからないような…。

で、それをどう使うのかというと、またわかったようなわからないような…。

色んな音階を学んでも学んでも、このモヤモヤは消えません。

なので結論、「ま、いっか。」となってしまう人が多いのではないかと思います。

Rimoがそうでした。

モヤモヤしたまま、スケールをたくさん覚えて、練習した結果、どうなるか。

モヤモヤしたフレーズしか弾けないギタリストの出来上がり!

スケールは知っているけど、いざ演奏するとモヤモヤしたフレーズしか出てこない…

心配ご無用。そんな悩みを解消するためには、ある考え方を身につけるだけでいいんです。

それを今回のフレーズを使って、解説しています。

今回はミクソリディアンを取り上げていますが、リディアンでもハーモニックマイナーでも、考え方は基本的には同じです。

それではいってみましょう!

今回は、「わかったようでわからない、ミクソリディアンを理解するためのフレーズ」です。

フレーズを聴いてみよう

まずは#16のフレーズをお聴きください。

(動画は#16の7分23秒から再生されます。)

明るくて、力がみなぎるというか、ワクワクするような雰囲気のあるフレーズですね。

この感じが、ミクソリディアンスケールのもつ特有の響きです。

指板図で確認

このフレーズをあらためて指板図で確認しましょう。

指板がどう映っているのか

コードで確認

キーDのフレーズ、この人には指板に5弦ルートのD7コードの構成音が見えています。

このフレーズとD7コードの構成音を重ねるとこんな感じ。

フレーズに使われる4音のうち、4音がD7コードに含まれる音になっています。

ちなみに5弦ルートのD7と重ねるとこんな感じになります。このイメージもあわせて持たれていた方がより実践的です。

スケールで確認

同時に、5弦ルートのDミクソリディアンが見えています。

フレーズを重ねるとこんな感じ。

フレーズの6音のうち6音全てがDミクソリディアンに含まれる音です。

どのような音の構成になっているのか

一見すると、ミクソリディアンスケールの音をなんとなく上下しているだけのように見えます。

しかし、初心者から1つ抜け出したいなら「なんとなく」は禁物。なんとなく弾いていては、ペンタ一発、メジャースケール一発の演奏から抜け出すことはできません。

もちろん、スケール一発の演奏が悪いという意味ではありません。狙ってスケール一発なのか、スケール一発しかできないからスケール一発なのか、では大きく意味が違います。できれば、狙ってできるようになりたいものです。

さて、音の構成です。

D7のコードトーンをメインの骨組みにしつつ

Dミクソリディアンのトーンで繋ぐ

というイメージです。

どういうことなのか、具体的に次の項で解説していきます。

フレーズの肝は

具体的に見ていきます。D7のコードトーンをおさらい。この音がフレーズの骨組みとなります。

Dミクソリディアンスケールには音が7つ含まれていますが、まずはこのコードトーン4つがメロディのベースになるんだという概念が、今回の肝になります。

フレーズを順に見ていきましょう。

  1. D7のコードトーンへスライドアップ。

2. 次に、ミクソリディアンの音をパタパタと経過して下降。やや緊張感が生まれています。

3. そして、D7のコードトーンからD7のコードトーンへ向かって上昇。安定した美しい響き。

4. フレーズの最後も、D7コードトーンからD7コードトーンへの上昇。

1.と3.と4.はコードトーンがメインで、2.はミクソリディアンのトーンがメインに使われているのがおわかりいただけたかと思います。

スケールの音をランダムに弾くのではなく、コードトーンとそうでない音を配合しながら音が構成されています。

このメリハリがミソ。

コードトーンとスケールのトーン、これらの配合のバランスに絶対的な正解はありませんが、始めのうちは基礎を身につけるという意味でコードトーンの配合を多めにするのがおすすめです。

意図を持ってバランスをコントロールすることで、演奏の「あてずっぽう感」が消えて、聴いている側をより惹きつけることができます。

もう一度聴いてみよう

今回のフレーズをもう一度聴いてみましょう。

(動画は#16の7分23秒から再生されます。)

まとめ

今回のフレーズのまとめです。

このフレーズは、

5弦ルート(5フレット)のD7コード、Dミクソリディアンを想定

D7のコードトーンを骨組みにしつつ

Dミクソリディアンで繋ぐ

このように解釈できます。

最後に

今回は#16をご紹介しました。

スケールをやみくもに上がったり下がったりするのではなく、コードトーンを意識することで演奏にメリハリが出る、の理解が深まるフレーズでした。

あなたのギターの引き出しがひとつ増えたなら幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに。

最後に、「もっとフレーズの引き出しを増やしたい!」という方はこのシリーズの他の記事を覗いてみてください。

参考:【目次】ズボラギタリストがフレーズ100個覚えるためのノート

それでは、Love Guitar!

コメント

タイトルとURLをコピーしました