ゼッタイ手癖にしときたいペンタ系速弾きフレーズ

こんにちは、ギターブロガーのRimo(@RimoGt)です。

突然ですが、

あなたの手癖フレーズを弾いてみて下さい。

と言われたらどんなフレーズを弾きますか?

では、

その手癖フレーズだけでステージ上でパフォーマンスしてみて下さい。

こう言われて、「はい、わかりました!」といって演奏できちゃう人はなかなか少ないと思います。

間が持たない!というのが多くのギタリスト の抱える悩みではないでしょうか?

しかし、ステージ上でギターソロのパフォーマンスをするとなると、手癖フレーズを披露して演奏を成立させることが唯一の方法となります。

(火をつけたり、アンプをなぎ倒したりという方法もありますが、それは例外として。)

そんなこと言っても、やっぱり難しいです。じゃあどうすれば「手癖フレーズでライブパフォーマンス」ができるのでしょう?

そのヒントとなるのが今回のフレーズです。

手癖にピッタリなフレーズは?

手癖フレーズをつなぐには?

と言ったことが学べるフレーズです。

それでは、フレーズ解説にいってみましょう。

今回は、「ゼッタイ手癖にしときたいペンタ系速弾きフレーズ」です。

フレーズを聴いてみよう

まずは#24のフレーズをお聴きください。

(動画は#24の11分56秒から再生されます。)

まさに王道ロックなラインと速弾き。

音程差の広い最近の超絶系のギタープレイに比べると、ど定番というか古臭い感じですけど、弾けたらやっぱりカッコいい、ブレない説得力があります。

しかも、結構長いフレーズなのですごく複雑なことをしているようにも見えますので、とてもステージ映えしそうです。

指板図で確認

このフレーズをあらためて指板図で確認しましょう。

長い!

でも大丈夫。解説を読めば、一生忘れない手癖フレーズになります!

指板がどう映っているのか

コードで確認

キーAのフレーズ、この人には指板に6弦ルートのAmコードが見えています。

このフレーズとAmコードを重ねるとこんな感じ。

ピッタリとは重なりませんが、コードトーンとなる音はバッキングとのなじみが良いので、フレーズの核になりますからイメージを掴んでおいて下さい。

スケールで確認

同時に、6弦ルートのAmペンタのボックスが見えています。

アドリブする上で一番はじめに覚える形、と言ってもいいくらい重要な形です。

Amペンタを重ねるとこんな感じ。

フレーズの10音のうち8音がAmペンタに含まれる音です。

どのような音の構成になっているのか

割と長いフレーズではありますが、分けて考えると実は「小さな定番フレーズの連続」に過ぎません。

その小さな定番フレーズを習得すれば難易度も下がりますし、組み合わせを変えればアレンジもきくようになります。

フレーズを大きく4つに分けます。

アタマ その1

アタマ その2

ツナギ

シメ

この4つです。それぞれの名前は、説明のためにRimoが勝手につけたものです。業界用語や専門用語ではありませんのであしからず。

順に見ていきましょう。

アタマ その1

アタマは、超定番のフレーズ3音にプラス2音されたもの、と捉えました。

この3音に、プラス2音。

はじめの3音のフレーズは本当に定番中の定番で、響きもロックらしく、めちゃくちゃ使えます。この3音をひたすら連発するだけでもサマになるくらいです。

テクニック的には、3弦をチョーキングをしてから2弦、1弦と上昇するので、左手も右手も意外と難しいと思いますが、しっかりと手に馴染ませて連発できるようになりたいですね。

アタマ その2

次のフレーズは、さきほどの「その1」の兄弟みたいな構成。

さきほどと同じ定番の3音と

4音の下降

はじめの3音は、「その1」と全く一緒。

次の4音もオーソドックスな下降フレーズなので、これも手癖にできるフレーズです。

ツナギ

次もブルースの定番メロディライン。一度は耳にしたことがあるフレーズかと思います。

はじめのチョーキングと、3つめのブルーノートが渋さを生み出すミソ。

音数が多い様に見えますが、3連、3連の合わせて6連と考えればシンプルになります。

シメ

フレーズのシメも、やっぱり定番フレーズ。

ペンタトニックの下降です。

形が覚えやすい、演奏も比較的易しい部類のフレーズです。でもカッコいいトーンなのでこのフレーズもバシバシ連発してOK。

フレーズの肝は

さきほどは理解しやすいためにフレーズを分けて考えましたが、演奏する上でのこのフレーズの肝は、フレーズ全体の「一体感を意識すること」です。

定番フレーズを繋げているだけなので、少々荒っぽくてもサラッと弾けるとかっこいいですね。

つかえずに一気に弾き切れるよう練習、練習!(と、自分にも言い聞かせる…)

もう一度聴いてみよう

今回のフレーズをもう一度聴いてみましょう。

(動画は#24の11分56秒から再生されます。)

まとめ

今回のフレーズのまとめです。

このフレーズは、

6弦ルート(5フレット)のAmコード、Amペンタトニックを想定

小さな定番フレーズの連続で構成されている

荒っぽくていいのでフレーズの一体感を意識するのが肝

このように解釈できます。

最後に

今回は#24をご紹介しました。

ギタリストのあるある「なんか弾いてよ」の場面に出くわした時に、サラッとこんなフレーズがサラッと弾ければ、ギタリストとしては勝ち確じゃないかなと思います。

ぜひ、一緒に頑張りましょう!

あなたのギターの引き出しがひとつ増えたなら幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに。

最後に、「もっとフレーズの引き出しを増やしたい!」という方はこのシリーズの他の記事を覗いてみてください。

参考:【目次】ズボラギタリストがフレーズ100個覚えるためのノート

それでは、Love Guitar!

コメント

タイトルとURLをコピーしました