ギター独学は無理じゃない!教則本を無限に読めるAmazonのKindle Unlimited

こんにちは、皆さんの中で、ギターを独学をしている方は多いと思います。

独学派の悩みとして多いのは、以下ような感じではないでしょうか。

ギターを始めたばかりでどんな練習をしたら良いかわからない

ある程度ギターが弾けるようになったけど、最近伸び悩んでいる

どうしたら上達するのかわからない。かといってレッスンに行く気はない

そんな方は今後も独学でギターを学んでいく道を選んでいくこと自体に問題はないと思います。

しかし、独学で学ぶとなると、「正しく独学すること」が必要があります。

今回の結論はずばり、「Amazon Kindle Unlimitedで音楽系の電子書籍を読む」ことが現代のギター独学の最強の方法です。

月額980円でハンパない数の音楽本が無料で読めます。

筆者(@RimoGT)も契約していますが、とても満足しています。

もっと早く利用していればよかったと思っています。

書籍は上達を加速する

Rimoは長らくギターを弾いていますが、上達の過程において書籍を抜きには語ることはできません。

あのバンドの曲を弾こう!理論を学ぼう!

アドリブってどうやるの?作曲の方法は?

タッピングをマスターしたい!ジャズギターを覚えたい!

そんなリクエストに、書籍は答えてくれます。

世の中には自分の「やってみたい」を助けてくれる本がたくさん存在します。それらを何度も何度も読み返して弾いて、吸収したものが今の支えてなっていると強く実感しています。

良書に巡り合うと、上達のスピードが著しく上がるのが実感できます。

書籍を読むことによって、今までわからなかったことがわかるようになり、できなかったことができるようになる。

するとますます楽しくなって、ギターにさらにのめり込むようになります。

逆に、テーマを決めず、もしくは出費をケチって書籍も読まずにただひたすら弾いていた時は、振り返ってみるとあまり得るものが少なかったなと後悔しています。

書籍でギターを学ぶメリット

書籍のメリットはざっと以下の通りです。

・良質な情報が体系立てて説明してある

・譜面や図で理解しやすい

・反復して確認しやすい

例えば「初心者のための〜」とか、「〜のコード全集」とか、対象にしている人やテーマがはっきりしていて、それについて書かれていて、一定量のボリュームがあるので、知りたいこと・知っておくべきことを順序立てて一気に理解することができます。

また、ギターは覚えることがたくさんあります。

スケールやコードを覚えて、それを習得するためのエクササイズを練習して・・・これらを体系的にかつ視覚的に覚えると非常に効率がいいわけです。

コードやスケールのちょっとした違いを覚えるには、譜面や図で理解するのが一番わかりやすいです。

また理解するには反復して確認する必要があります。

本は、同じページにいつでも閲覧できる状態であなたを待ってくれています。

「ググれば情報はいくらでも出てくるやん」「YouTube動画見ればいいやん」という意見もあります。

もちろん、ネット検索やYouTubeにも利点はあります。

特にYouTube動画は目で見ることができるので、細かい指の動きや微妙なニュアンスの違いはとてもわかりやすいです。

反面、動画でTAB譜を出されても巻き戻して一時停止して・・・、とわざわざやるのは超めんどくさいですよね。

要は、動画やネット検索と本、使い分けが大事だということです。

独学に書籍が良いはわかっているけどやっぱり不安

それでもなお、こんな不安があると思います。

「そんな本をどうやって探せばいいの?」

「本は結構高いし・・・」

「買ったはいいけど自分に合わなかったらどうしよう」

「本なんて読む時間ない」

Rimoも過去に買った書籍で、「これは失敗したな」というものはたくさんあります。

ほとんど開くことなく放置している教則本があり、それを本棚で見るたびに心が痛みます。

そんな方への解決策が、電子書籍の定期購読サービスです。本当に良い時代になったなと感じます。

電子書籍ってどうなの?という方へ

そもそも電子書籍ってどうなの?という方へ人もいるかと思います。

Rimoが実際に使ってわかったメリットとデメリットをお話ししていきます。

電子書籍のメリット

・いつでもどこでも読める

いつでもどこでも読める、これが最大のメリットです。

電車の中、職場の休憩中でも読めます

趣味の本を広げて読むのって人目が気になるところですが、端末越しなら全く気になりません。

また、読書した情報がクラウドで保存されているので、使用する端末を全て登録していれば、例えば電車の中でスマホで読んだ続きを、帰ってからタブレットで読み始めることもできます。

・保管場所をとらない

言わずもがなですが、全て端末に保存されていますので、保管スペースが増える心配はありません。音楽系の本はサイズが結構まちまちで大きいものがあったりして本棚に揃えるのが結構大変だったりしますが、そんな心配もしなくて良くなります。

・合わない本は読まなければいい

読みたいテーマの本を一気に複数ダウンロードして、自分には合わないなと思った本は読まずに削除する

読み放題ならではですね。

書籍を購入するのをためらう理由は、「本が高いので、失敗したら痛い出費になる」ことだと思います。

しかしKindleの場合だと月額980円なので一冊ダウンロードすれば元を取れます

また、1ヶ月間無料のお試しサービスもありますので、損することは何もなく試せます。

電子書籍のデメリット

一方の、デメリットも紹介しておきましょう。

・書き込みしにくい

メモを書き込むことができません

その欠点を補うために、Rimoは大事なページは画像として保存し、ノートアプリに貼りつけて書き込んだり見返したりしています。

いつでもどこでも素早く見れるよう工夫を自分なりにしています。

大事なページだけを貼り付けたノートアプリは、自分にとって非常に価値が高いものになります。

ですから、「ページ丸ごとノートにコピペして書き込む」ができるのは逆に電子書籍ならではのメリットかもしれません。

・表示が小さいので見づらいこともある

初見の楽譜などはいきなりスマホは画面が小さくてちょっと厳しいです。

タブレットでもちょっと見づらいな、と感じることもあります。

しかし、例えばフレーズを覚えるとか、コードを思い出したいなんて時は拡大すれば十分見ることができます

タブレットやPCがあれば致命的な欠点ではありませんが、音楽系の本はサイズが大きい本が多いので、スマホだけでは無理があるかなと思います。

・パッとめくって読み返しにくい

パラパラっとめくって探す動作は実際の本にはさすがに勝てませんが、操作の慣れでいくらかカバーできると思います。

また、サイトの情報を見返すためにブックマークしたり、再検索したりする手間を考えたらずっと気軽に、欲しい情報にたどり着けると思います。

以上、電子書籍のメリットとデメリットでした。

これらは他のサービスも共通して言えることですから、これらが許容できるなら、電子書籍はありです。

Kindle Unlimitedはギタリスト・ベーシストのためのサービス

そして、音楽系の書籍満載のKindle Unlimitedはギタリストベーシストにとって最高のサービスです。

すっかり定着した電子書籍の定期購入サービスであるKindle Unlimitedですが、このサービスはギタリスト、ベーシスト、音楽をやるすべての人にとって用意されたものと言って過言ではありません。Rimoも愛用しています。

Kindle Unlimitedの特徴はずばり、

「無料で読める音楽系のコンテンツの数が半端ない」

これに尽きます。

Kindle Unlimitedの特徴

良質な教則本が無料で読める

音楽理論の本が無料で読める

作曲のノウハウ本が無料で読める

DTMの本が無料で読める

ギターマガジン、ベースマガジンが無料で読める

ギターマガジンが無料で読めるだけでも個人的には申し込む価値がありましたw

正直なところ、Rimoは音楽ジャンル以外の目的で読み始めたのですが、とっても嬉しい誤算でした。

もっと早く始めていればよかったと思います。

Kindle Unlimitedに入会してから、もう一生音楽の本を買うことはないと思えるほどです。

Rimoは音楽系の本は結構買っていた方ですが、これまでに買った本、欲しかった本が無料で読めるんです。

また、新しい本もどんどん追加されています。新しい書籍は、音楽に対する意欲をますます刺激してくれます。

例えばこんな本が全て無料です。

どれもベストセラーとなった人気のある有益な本です。

初心者から上級者まであらゆるレベルの人にも対応できるラインナップとなっています。

「こんな本まで無料・・・!?」と最初は本当にびっくりしました。

どんな本がいいか分からない、という人も、とりあえずダウンロードして中身を確認できるというのは何より安心感があります。

Book Live、eBook Japan、楽天Koboなどコミックと雑誌が無料のサービスは数多くあるものの、これだけ無料の音楽本が充実したサービスは他にありません。

Kindle Unlimitedのサービスの概要

Kindle Unlimitedは、月額980円(税込)で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、定額読み放題サービスです。

音楽の本は最低でも1000円はしますので、一冊でも気に入ったものが手に入れば元が取れますよね。

Rimoもめちゃくちゃダウンロードしまくりました。(ただし、無料の本が一度に保存できるのは10冊までです。)

もちろん音楽以外の書籍も幅広く読めますので、980円という価格はすごくお得です。

どんなサービスか不安という方は、1ヶ月お試し期間のサービスを利用することをお勧めします。

定期的にキャンペーンを行っているので、そこを狙って申し込むのがオススメです。

2020年4月と8月に、3ヶ月299円というキャンペーンを実施したので、今後もちょくちょくやると思います。

そのチャンスをお見逃しなく。

興味のある方は、こちらから。

まとめ

ということで、ギターを独学で学ぶための最強の方法を紹介させていただきました。

ギターに限らず、書籍を読むことは間違いなく成長のきっかけになります。

今回はKindle Unlimitedを提案させていただきましたが、やっぱり定期購読サービスや電子書籍に抵抗のある方は、従来の紙媒体でもいいと思います。

Rimoも紙媒体の方が良さそうだと思う時は本を購入しています。もちろんYouTubeも見ます。

上手に使い分けて、どんどん上達していきましょうね。

それでは、Love Guitar!

コメント

タイトルとURLをコピーしました