【ギター】ピックの持ち方の基本、知っていますか?

このテーマはシリーズ化してお話ししてます。今回はその第2回となります。第1回をまだご覧になっていない方はこちらからどうぞ。

初心者から上級者まで、悩みが尽きることのない永遠のテーマ『ピッキング』。ピッキングについて管理人Rimo(@RimoGT)がこれまでの25年の経験談をもとにマニアックに考察したことを解説させていただきます。

というわけで今回はピックの持ち方についてです。

ピッキングがうまくいかない原因

ピッキングがうまくいかない原因は大きく4つあると前回お話ししました。

  • ピック選びを間違えていた
  • ピックの持ち方を間違えていた
  • 関節の動かし方を間違えていた
  • 練習方法を間違えていた

今回は「ピックの持ち方」について。あなたはピックの持ち方は大丈夫でしょうか?

間違ったピックの持ち方をしている人は要注意

現段階であなたがどんな持ち方をしているかはまず置いといて、「基本の持ち方」はご存知でしょうか。

「知らない」という人は、要注意です。「知っている」という人も知っていてやっていないわけですから、明確な理由がなく「自分が持ちやすい」「何となく」で決めている方は要注意です。今は問題なくても、新しい曲、新しいテクニックを覚える時に対応できなくなる可能性があります。

すでにピッキングに悩んでいる方、例えば「アップストロークが苦手」とか「速いフレーズになると引っかかる」「ピックを使ったアルペジオができない」という人はピックの持ち方が悪い可能性を疑ってみてください。

一方で、ピックの持ち方を直しただけで、今まで弾けなかったフレーズが弾けるようになったり、音が劇的にきれいになった人たちをたくさんみてきました。

基本の持ち方がなぜあるのか

基本の持ち方は、これまで何億人という人たちがギターを弾いてきて、一番多くの人がやりやすいと感じる持ち方です。

人それぞれ多少の骨や筋肉の構造の違いはあれど、基本的には体のつくりは同じなので、ほとんどの人が異論のない、一番オーソドックスなやり方ということになります。

また、ピックもそれに合わせて設計されていると言えます。

ピッキングはほぼ無意識で行うもので、一度ついた癖を取り除くのはなかなか大変ですし、やり方を知らずにがむしゃらに弾き続けて基本の持ち方にたどり着けるものではありません。

なぜなら、私生活では絶対に使わない、ピック特有の持ち方だからです。でも、知りさえすれば誰でもできることですので、この記事を読んで基本の持ち方をマスターしましょう。

それでは、いってみましょう。

最もやりがちな間違った持ち方

たまにギター始めたての方や、うまく弾けないと悩んでいる人の相談を受けることがあります。その時必ずその人のピックの握り方をチェックさせてもらいます。

ピッキングがうまくいかない人は次の2つの持ち方になっていることが多いです。

 ・ティッシュを引き抜くときの持ち方
 ・鉛筆の持ち方

今までの生活にピッキングに必要な筋肉や骨の動きをしてこなかったわけですから、経験上、やったことのある持ち方をやってしまうから、こうなってしまうわけです。

ティッシュを引き抜くときの持ち方の弊害

ティッシュを引き抜く持ち方。人差し指の腹と親指の腹でつまんでいる

ティッシュを引き抜くときの持ち方がNGな理由は、手首を回す動きがとりづらくなることです。結果、肘を主体に振るようになります。アップストロークがやりにくいのと、速いストロークがやりづらくなります。

鉛筆の持ち方の弊害

鉛筆の持ち方。人差し指の腹の内側半分と親指の腹でつまんでいる

鉛筆のように持つとNGな理由としては、書くときに鉛筆を紙に強く押し付けるための持ち方なわけですから、ピックしたとき弦に強く入りやすくなり、引っかって弾きにくなることです。

ピックを保持する面積が少ないため弱く握るとピックが落ちそうな感覚になり、ピックを落とすまいと指と手首に余計な力が入ってしまうのです。スピードを出すことは可能ですが、強く硬い音になってしまいます。

基本の持ち方

基本的な持ち方を説明していきます。まず下の写真のように人差し指があったとしたら、

人差し指の上にピックを乗せます。この状態でもピックは落ちません。

そして親指の腹で包みます。これで完成。

別角度から。

ポイントは、指の広い面でピックを包み、指に力を入れなくても滑りにくくしている点です。

そうすることでリラックスした状態でしっかり握れます。また手のひらがギターの方を向くのでので、手首の回転を使って弾くことができ、しなるようなアタックが出せるようになり、スピードも出ます。強く弾く、弱く弾くのコントロールが容易になります。アップストロークもやりやすくなります。

最初は違和感があると思います。しかし、基本の持ち方をすることでピッキングに適した動きに必要な筋肉と骨が動き始めます。それを脳が勝手に経験として覚えていくわけです。

すぐにできるようになるわけではありませんが、初めは意識的に正しい持ち方ができているか、チェックしながら練習しましょう。

ピックを持ち歩いて、通学や通勤の途中、休憩時間などに慣らすこともできますよね。Rimoは一時期、財布にピックを忍ばせて空き時間に握ってました。

まとめ

ピックの基本の持ち方をしていない方は要注意。
アップストロークや速弾きが苦手な方は、ピックの持ち方が原因かも。
ティッシュを引き抜くときの持ち方、鉛筆の持ち方でピックを握る人が多い。
ストロークがしにくいので要改善。

基本の持ち方は、リラックスしてしっかり握れる。
手の角度が正されて、プレイしやすくなる。

以上になります。お疲れさまでした。

すごく単純なことですがとてつもなく重要なことを今回お話しさせていただきました。
ピックの基本の持ち方を習得して、さらに上達していきましょう。

第1回 ピッキングの選び方 第3回 関節の動かし方 第4回 ピッキング練習 も併せてどうぞ。

それでは、Love Guitar!

コメント

タイトルとURLをコピーしました