Amazon高評価、激安最強エフェクター Donner Mopher/JOYO US dream/Mosky Crazy tone

中華エフェクターが発売された当初は、3000円前後で買える衝撃の価格と、従来の一般的なエフェクターの半分ほどの大きさが評判となり、ある意味エフェクター の革命とも呼べるムーブメントとなりました。

中華エフェクターの魅力はなんといっても価格が安いこと。コンパクトエフェクターは買い足していくと出費が際限ないので、3000円から5000円で手に入るのは学生さんにとっても、お小遣い制のお父さんにとってもありがたいですよね。

ただし、モノによっては値段が安い分、音色も安っぽい残念な商品も少なくありません。

全体的に空間系やリバーブといったデジタルエフェクターは音が悪い印象です。

そんな中、音色が既存の商品にそっくりないわゆる「クローン」も多く発売されて、「音色のコピーは善か悪か」ということが至る所で議論されていました。

法的な解釈は分かりませんが、今では名機のクローンモデルが発売されることは珍しいことではなくなりましたね。

実際、中華エフェクターの波が来る前から、音を似せたエフェクターというのは数多くありましたし。

だから、クローンにはクローンの、オリジナルにはオリジナルの良さがあるという結論で落ち着いている感があります。

Suhr Riotクローンは特に良い

さて、クローンエフェクターの中でも良い意味で価格と釣り合わないくらい安くてそっくりな音を再現しているのがアナログの歪みエフェクター勢。

特に歪みオタクである筆者(@RimoGT)がイチ押しなのは、ShurのRiotクローンです。

今回はディストーションペダル、SuhrのRiotクローンについてお話ししていきます。

2、3年は実際に使用していますので、良いところも悪いところも包み隠さず書いていきますので最後までお付き合いください。

Riotクローンにはこんなラインナップがあります。

もれなく本家にそっくりな音

いくつかのメーカーから発売されていますが、似ている度でいえば、どれも良い線いっています。微妙な差しかないので、ブラインドテストをしても当てられる人は少ないのではないかと思います。

作るのが簡単なんでしょうか。

レビューを見ていても、「本家のRiotを持っていて、普段使いはクローン」という人は多くいます。

全体的に「良くできている」「そっくり」と評価も高いです。

一方、オーバードライブで人気のケンタウルスのクローンのレビューを見てみると、「ちょっと違うけど、この値段なら納得」という若干ネガティブなレビューがたくさん見受けられます。Rimoも同じ印象を持ちます。

その点Riotは、音色に関してネガティブなレビューがほぼ見当たらないです。

よーく聴き比べたら、本家の方が少し音に立体感があります。動画で聴き比べてみてください。

本家がそもそもカッコいい

そしてオリジナルがめちゃめちゃカッコいい音がするので、クローンももれなくめちゃめちゃカッコいい音がします。

また設定の幅が広く、クランチからディストーションまで使える汎用性の高さも魅力の一つです。

外観は本家には勝てない

ここは個人の好みの領域と言ってしまえばそれまでですが…本家の見た目はいいです。

クローンともっとも違う部分。

本家は削り出しの加工と綺麗な塗装が施されていて、質感が高く美しい。

一方のクローンは値段相応、はっきり言ってちゃちい。

アドバンテージであったコンパクトさも、本家からミニサイズが追加発売されたことで覆されました。

とはいえ、クローンを使うこと自体が気にならない人や、自分で色を塗れる人には全く関係のない話。

個人的には、今回紹介しているRiotクローンはどれも見た目はちょっと…と思います。しかし、使っている時は完全に割り切っています。

逆に言えば、いい音出していればギャプ萌えのカッコよさがありますので頑張っていい演奏をすることを心がけましょう!

耐久性は?

DonnerのMorpherは案外しっかりしています。JoyoのUS Dreamはスイッチが弱そうな感触がするので、ループに組んで本体のスイッチを押さないようにしています。ツマミ類は特に問題ないです。

本家が30000円近く、クローンは2000円から4000円。壊れたらもう一個買おう、それくらいの気持ちでいます。

もしくは壊れたあと、まだ欲しいと思うなら次は本家を買う、という気持ちでもいいと思います。

筆者のおすすめ

今回紹介した3つのクローンのうち、筆者がおすすめなのはMopherですね。

音はそっくり、値段は驚異の2999円!(2020年9月現在)

小さくてボードのスペースもさほど取らないです。

筆者は身軽でスタジオに入りたいときには重宝してますし、手荒に扱っても気にならないのが強み。

このバイト感たっぷりの攻撃的な歪みはサウンドバリエーションの一つとして持ってて損はないペダルです。

とにかく価格を!という方はJOYOが1980円(2020年9月現在)!安すぎますね。

これは先ほど述べたようにJOYOのこのシリーズはスイッチに多少不安がありますが、激しく使わなければ大丈夫です。壊れたらもう一個買いましょう 笑

まとめ

お疲れさまでした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回のまとめです。

Riotクローンの特徴は、

  • 音色はほぼ本家そっくり
  • 本家を所有しているユーザーにも高評価
  • 見た目は我慢
  • おすすめはMorpher、最安でしっかりしたつくり

です。少しでもRiotの音色が気になるな、と思われる方はまずは圧倒的にそっくりでお手頃なクローンを買うと失敗はありません。

また、まだディストーション選びに悩んでいる方は、選び方のコツについて書いた記事がありますのでそちらも併せてご覧下さい。

参考:ポチる前に見て欲しいディストーションエフェクターの選び方

それでは、Love Guitar!

コメント

タイトルとURLをコピーしました